やっぱり「生きた乳酸菌」の商品を買うべき?いや、死んだ乳酸菌と食物繊維、オリゴ糖が最強です。

元気がない善玉菌 Uncategorized

死んだ乳酸菌でも効果アリテレビ・CM、コンビニやスーパーの乳製品のコーナーに行けば、商品に

 

「乳酸菌が、生きて腸まで届く!」

 

というようなフレーズが書いてあるのを、必ず目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

乳酸菌とは生き物ですから、生きたまま腸に入って、何か体にいいことをしてほしい…と考えるのは当然のこと。なので生きたまま腸に届く!というフレーズは魅力的に感じますよね。

 

ここで感じる疑問としては…、

 

「生きた乳酸菌と死んだ乳酸菌、どう違うの?」

「やっぱり死んだ乳酸菌だと、意味がないの?」

生きた乳酸菌と死んだ乳酸菌、どっちがいいんだろうと迷う医者

などなど。

 

ヨーグルトを選ぶにしても、サプリメントを選ぶにしても、生きた菌を売り出す商品や、そうでない商品さまざまですので、ついつい長いこと迷ってしまいますよね。

 

そこで今回は、

 

死んだ乳酸菌の商品で問題ない場合」

生きた乳酸菌の商品を選んだほうがイイ場合」

 

を解説していきたいと思います。

 

ヨーグルトやサプリメントなど、乳酸菌食品の選び方に迷っている方は、ぜひ読んでみてくださいね。

 

状況別、乳酸菌の選び方

死んだ乳酸菌か、生きた乳酸菌佳

死んだ乳酸菌でもいいのか、生きた乳酸菌じゃないとダメなのか分からない!」

 

という人のため、結論から先に書いておきます。

 

この『サプリノート』の結論は以下の通りです。

 

 

  • 美容と健康のため…死んだ乳酸菌でOK
  • ダイエットだけのため…できれば生きた乳酸菌のほうがイイかも?

 

という基準で乳酸菌の商品を選ぶべきだと思っています。

 

「全般的な美容と、健康のために乳酸菌を取りたい!」

 

という人は死んだ乳酸菌でOKですので、ほとんどの方は死んだ乳酸菌の商品を選んでも大丈夫

 

一方で、少ないかもしれませんが、

 

「ダイエットのためだけに、乳酸菌をとりたい!」

という方は生きた乳酸菌の商品を選んだ方がベストかもしれません。

 

以下からは、その結論の理由を書いていきますね。

 

死んだ乳酸菌でも体にイイ理由

乳酸菌の効果

死んだ乳酸菌で問題ない理由を説明する前に、そもそも

 

「乳酸菌は、ナゼ体にいいのか」

 

からカンタンにおさらいしてみましょう。

 

死んだ乳酸菌が免疫力を高める

乳酸菌が健康にいい理由

乳酸菌は私たちの免疫力を高めてくれるため、元気な毎日を過ごすには大変ありがたい細菌です。

 

R-1ヨーグルトなんかは、インフルエンザを予防する!という話があり、大変な人気になりましたよね。

 

以下の明治の実験でも、R-1ヨーグルトが風邪を予防する…という実験結果をウェブサイトで公表しています。

山形と佐賀で行われた乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトのヒト試験で 風邪罹患リスクの低下、NK活性増強が認められました。

 

乳酸菌をとると免疫力が高まる理由ですが…、それは乳酸菌が腸の免疫を刺激するから。

乳酸菌が免疫を活性化!

乳酸菌が腸に入ってくると、

 

「あ、部外者が入ってきた!」

 

と、小腸の中の免疫が反応し、乳酸菌をキャッチします。いくら乳酸菌でも、体にとっては部外者ですからね。

 

乳酸菌をキャッチした刺激をうけて、

 

「異物が入ってきた!これはマズイかもしれないぞ!」

 

という信号を出し、体中の免疫が活性化していくわけです。

 

 

…なので、これって別に乳酸菌が生きていなくてもいいんです。

 

生きていようが死体であろうが、異物であることに全く変わりはありません。

 

結論としては、死んだ乳酸菌で全く問題なしと断言できるわけですね。

 

死んだ乳酸菌がお肌をキレイにする

乳酸菌で美肌

もう一つの大きな効能として、乳酸菌がお肌をキレイにしてくれる…という事実。

正確には、肌荒れを改善し、予防するといった方がいいかもしれません。

 

ニキビを含めた肌荒れの原因の一つは、腸で作られた有害物質が皮膚にまで届くから…というもの。

腸内細菌と肌荒れの関係

腸の中の腸内細菌の集まり、つまり腸内フローラが悪玉菌でいっぱいになっていると、どんどんと腸の中で有害物質が作られ、全身に送り届けられてしまいます。

 

だから肌荒れの改善と予防のため、腸の中にいい細菌を送り込み、腸内フローラを整えてあげることが大切になってきます。

腸内細菌を元気にする

そこで活躍するのが乳酸菌。

 

彼らを腸に送り込めばいいのですが、実はこの場合でも死んだ乳酸菌で問題なし。

 

大切なのは、体の免疫力を高めて、腸内の悪い菌が活躍しないようにすること。

 

なので、上の説明と同じく、死んだ乳酸菌で全く問題ない!という結論が科学者の中で出ているようですよ。

(参考:乳酸菌は生菌である必要があるのか バイオジェニックス連絡協議会 菅 辰彦

 

生きた乳酸菌の方がベストである場合は?

生きた乳酸菌

上述のように、基本的には死んだ乳酸菌で全く問題ありません。

 

ただ、ダイエットやアレルギーの改善を考えて乳酸菌をとるのならば、できれば生きた乳酸菌を届けたほうがいいかもしれません。

 

生きた乳酸菌がダイエットやアレルギーを改善する

詳しくは以下を読んでほしいのですが…、

(参考:食事制限ダイエットが失敗するのはナゼ?あなたが痩せない理由は高カロリーではなく、体内に「お酢」が足りていないからです。

 

特にビフィズス菌は、腸の中で短鎖脂肪酸(お酢)を作るんですよね。

酢酸は短鎖脂肪酸の一つ

ビフィズス菌などの菌は、食物繊維やオリゴ糖をエサにして、ドンドンと短鎖脂肪酸を作り出してくれます。

 

そして、その短鎖脂肪酸は、脂肪のためこみをストップし、さらに脂肪の燃焼も助けてくれるのです。

 

この短鎖脂肪酸の効果はそれだけでなく、過剰な免疫を抑えて、アトピーや花粉症などのアレルギーも改善してくれることが研究で分かっています。

 

だからドンドンと、特にビフィズス菌を体内に入れて、短鎖脂肪酸を作って欲しいのですが…、もうお分かりのように、これは生きた菌でないとできない話。

死んだ菌は、こんな働きをすることはできません。

死んだ乳酸菌でも効果アリ

こういった理由から、ダイエットやアレルギーの改善だけを考えるならば、生きた乳酸菌のほうがベストかも…という考え方ができるのです。

 

基本的には、生きた乳酸菌を選ばなくてもOK!

ここまで書いてきましたが…、私は基本的には、ヨーグルトやサプリメントを選ぶ際は、生きた乳酸菌にこだわる必要は全くないと思っています。

 

生きていたとしても、腸内に届く前にほとんどの乳酸菌は死にますし、腸の中でもいろんな攻撃を受けて、死んでいきます。

 

運良く最後まで生きていた乳酸菌がいても、そんな状態ではまったく腸に住み着かないことが分かっています。

生きた乳酸菌は住み着かない

なので結局は、生きた乳酸菌の商品を食べても、その効果が発揮されないことが多いのが、悲しい事実なのです。

 

エサを与えたほうが、生きた乳酸菌は増える

 

「でも、ダイエットやアレルギー改善のため、生きた乳酸菌をもっと増やしたい!」

 

という方も安心してください。

 

生きた乳酸菌を増やしたいなら、今あなたの腸内にいる生きた乳酸菌のエサを与えればいいのです。

乳酸菌のエサ

そうです、直接に生きた乳酸菌を食べなくても、腸の中で増えてもらえば早い話。

 

実際、エサとなる食物繊維オリゴ糖をたくさん食べれば、美容と健康に役立つ腸内細菌たちの数が爆発的に増えていくことが知られています。

 

私が調べたかぎり、このオリゴ糖によって増殖したビフィズス菌が1グラムあたり100億個であるのに対し、生きた乳酸菌によって増殖するビフィズス菌はわずか1パーセント以下、せいぜい1億個程度でしかありません。

驚かれるかもしれませんが、「生きた菌」より「エサ」を摂取したほうが、腸内フローラの改善はスムーズに進むのです。

光岡知足(2015)『腸を鍛える 腸内細菌と腸内フローラ』p95より

 

生きた乳酸菌を腸内に増やしたいなら、直接生きた菌を送り込むより、エサである食物繊維やオリゴ糖を取ったほうが効果的なわけですね。

 

乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖が最強の組み合わせ

ということで、最後の結論としては、

 

  • 乳酸菌を取る
  • 食物繊維を取る
  • オリゴ糖を取る

 

という3つが、美容と健康に最も効果的であることが分かります。

 

もちろん、乳酸菌は生きたものにこだわらなくてOKです。

(むしろ、サプリなら死んだ乳酸菌の方が量がたくさん詰め込めて効果が高いことも)

 

このサプリノートの基本的な考え方も、この3つをとることで美容と健康を手にしよう!

 

というもの。

 

日頃の食べ物を意識し、そこでカバーできない部分を、サプリメントで補う毎日を送りましょう。

 

Comments