10人に2人が悩んでいる、過敏性腸症候群の治し方。満員電車での腹痛も、腸内フローラの改善がカギ。

お腹が痛い人 便秘・下痢

お腹が痛い人

「いつもいつも、大事なときにお腹が痛くなる…!」

「緊張したりすると、すぐにお腹をこわしてしまう!」

 

などという悩みを持った方は、たくさんいらっしゃいますよね。難しい言葉で言うと、「過敏性腸症候群」という一種の疾患です。

 

「すぐにお腹を壊しやすい…」

 

というような症状はフクザツで、腸に問題がある!というだけでなく、精神的な問題もからみあっています。

 

今回はそんな「過敏性腸症候群」でお悩みの方のため、原因や解決方法など…、少しでも役に立てるページを書いていきたいと思います。

 

過敏性腸症候群の原因

読売新聞の記事に、参考になるものがあったので抜粋します。

Yomiuri Online YomiDr

満員電車に乗る度に腹痛が起こったりする過敏性腸症候群だ。

腸管には問題がないのに、緊張する場面で腹痛や下痢が起こったり、便秘や腹部膨満感が続いたりする。

過敏性腸症候群の患者の腸内では、ビフィズス菌などの善玉菌が減っていたり

クロストリジウムなどの悪玉菌が増えていたりするという報告がある。

 

上記ではまず一つの傾向として、

 

「すぐにお腹を壊しちゃう!」

「満員電車はヒヤヒヤする」

 

という方は、腸内の状態が悪い…ということが挙げられています。善玉菌より悪玉菌が増えて、腸内の物質が腐ってくるんですよね。

 

ビフィズス菌などの乳酸菌が減ってくると、お腹の調子は悪くなりますし、美容にも大きな悪影響を及ぼします。すぐにお腹を壊すのも、善玉菌が少ないからだ、ということですね。

 

おそらくですが、

 

「もしかして、私は(僕は)過敏性腸症候群かな?」

疑問に感じる人

と感じた人は、今まであんまり腸の健康とか、腸内フローラなどについて気にせず生活を送っていたのではないかな…と思います。

 

しかし…、現代の生活ではビフィズス菌などの善玉菌って、意識しないとすぐに減ってしまうんですよね。だから、あまり腸を気にせず生活していれば、あなたの腸内フローラは悪くなっている可能性が高いですよ。

 

詳しくはこの記事!

 

あと…、

 

「緊張したりすると、おならもすぐに出てしまう!」

 

といって悩んでいる人もいますよね。なかなか言い出せず、辛い悩み。

 

これも、腸内環境が悪くなり、腐敗が始まっているサインかもしれません。腐敗が始まると、ガスがどんどんと溜まっていくからですね。

 

他にもいろんなデメリットがあるので…、腸内の環境を早く整えて欲しいと思っています。

 

スゴく心配になってしまう方もいらっしゃると思いますが、上の記事によれば、このような症状がある人は、成人の10~15%にも達するということ。つまり、10人のうち1~2人は、大事な場面などでお腹を壊しやすいんですよね。

 

少しずつ改善していけるはずですので、心配せずにいてくださいね。

 

過敏性腸症候群は、心の病か??

もしあなたが、

 

「すぐにお腹を壊すし、日常生活に困ってしまう!!」

 

と感じているのならば、その原因は悪くなった腸内環境だといえそうですね。

悪くなった腸

ただ、問題はそこまで単純ではありません。

 

もう一度、読売新聞から専門家の言葉を抜粋すると…、

腸内細菌のバランスが乱れると、腹痛などが起こりやすくなり、

それが強いストレスとなって、腸内細菌のバランスが更に乱れる悪循環に陥ると考えられる

Yomiuri Online YomiDr

 

まとめると、

 

  1. 腸内環境が乱れ、お腹をこわしやすくなる
  2. それがストレスになり、もっと腸内環境が乱れる

 

ということですね。食生活だけじゃなく、ストレスも腸の状況を悪化させるのです。

腸を悪くする悪循環

 

書籍の抜粋ですが、以下をよく読んでみてください。

人間はストレスがたまっていくと、腸内でも善玉菌が減少して悪玉菌が増えていき、自然な排便ができなくなってしまいます。

その結果として、男性の多くは下痢になり、女性の多くは便秘になります。

「過敏性腸症候群」とよくいわれますね。

男性に多い、お腹がもやもやして、常にトイレに行きたくて困ってしまう症状。

あれは、私は、腸の不調からきている「心の病」ではないか、とすら考えています。

田中保郎(2015)『腸が変われば人生が変わる 驚異の腸内フローラ』Kindle位置No.356より

 

ただの「腸の不調」ではなく、それがストレスになり、精神的にも追い込まれている状態なのかもしれません。

 

今から改善のために、できること

希望への矢印

複雑な病気ではあるのですが、さっそく、少しでも症状を和らげるための対策を考えていきましょう。

 

もう一度、同じページから抜粋。

 

ストレスだらけの日常を健やかに過ごすには、乳酸菌を含む発酵食品をきちんととることが大切だ。

功刀さんは

食物繊維オリゴ糖など、善玉菌の栄養となる食品の摂取も心がけてほしい」

と話す。

 

ヨーグルトはもちろん、納豆や味噌・漬物・キムチなど…、身近な発酵食品をとることが、腸内の環境を整える第一歩ですよね。腸内フローラの改善は、やっぱり食習慣から。

 

挙げられている栄養素は、

 

  • 食物繊維
  • オリゴ糖
  • 乳酸菌

 

の3つ。

 

でもまぁ、忙しい中にこの3つをしっかり意識するのってとても大変だと思いますので、基本的に和食を中心に過ごしつつ、不足するものはサプリメントで補充…というスタイルでないと、なかなか続きません。

 

  1. 腸内環境が乱れる
  2. お腹をこわす
  3. それがストレスで、また腸内環境が乱れる

 

という悪循環をストップするためには、まず食習慣を変えて、腸内環境を整えることが先だということ。

腸にいい食生活

ストレスって、もう現代に生きている限り仕方ないんです。だから、腸内フローラが悪くなるのも、やむをえない部分もあるのです。

 

だからこそ、腸にイイ食べ物を食べておき、サプリメントで善玉菌を補給…という地道な努力が必要なんですね。

何かを飲む人

まず、今から食事の改革に取り組んでもらえればな…と思います。

腸の環境が変わるのは、食生活を変えてから数週間。諦めずに、コツコツ続けていきましょう。

 

オススメは、朝食の習慣を変えること。

朝の便通が習慣になると、通勤・通学の満員電車でも安心できますよ。ぜひ以下を参考にしてみてくださいね。

 

詳しくはこの記事!

 

Comments