日本人の腸内フローラの特徴!平安時代から獲得したスシ・ファクターなど、3000年の歴史を守ろう!

日本人女性 Uncategorized

日本人女性

私たちの美容と健康に重大な影響を与える腸内フローラ。腸内フローラとはざっくり言うと、

 

「腸にどんな細菌が、どんな割合で住み着いているか?」

 

のことですが…、もちろんそれは国や民族によって変わります。日本人は日本人特有の腸内フローラを持っていますし、それに合わせた食生活が大切。

腸内細菌は完成しています

では早速、日本人の腸内フローラの特徴を、外国と比較しつつ見ていきましょう。

 

面白いことで、「腸内フローラの国ごとの違い」は思ったより明確なようですよ。

たとえば、ある国ではこの種に菌が多いが、別の国には全くいないといった具合に、国によって、いる・いないがはっきり別れたりします。

その違いはかなり明確で、

腸内細菌の構成を調べるだけで、どこの国の人か判定できてしまうほどです。

NHKスペシャル取材班(2015)『やせる!若返る!病気を防ぐ! 腸内フローラ 10の真実』Kindle位置No.1448より

 

日本人の腸内フローラの特徴

京都の情景

日本人特有の腸内フローラの特徴を、書籍や科学ニュースから抜粋して見ていきたいなと思います。

 

日本人の腸内フローラの特徴を知って、いかに自分の腸内フローラを使いこなすか、が大切になってきます。

 

日本人にだけ、海藻を消化する腸内細菌がいる

海藻

けっこう意外なんですけど、海藻を消化して栄養にできるのって日本人だけなんですね。ありがたい。

日本人の腸内フローラを遺伝子解析すると、「海藻を消化する遺伝子」が見つかります。

これは、他の国の人の腸内フローラからは見つかっておらず、「スシ・ファクター」などとも呼ばれているそうです。

NHKスペシャル取材班(2015)『やせる!若返る!病気を防ぐ! 腸内フローラ 10の真実』Kindle位置No.1475より

お寿司などは世界中で食べられていますが…、実は海苔を消化できるのは日本人だけだったんですね。まさに日本人は腸にスシ・ファクターを持っていたわけです。

お寿司

しかし…、ここがまたややこしいところで、実はいくら日本人でも、全員が海藻を消化できるとは限らないのです。

日本人では13人のうち5人がこうした腸内細菌を持っていたが、18人の北米人は持っていなかったという。

WIRED 日本人の腸だけに存在?海藻を消化する細菌より

いくら日本人でも、海藻を消化するスシ・ファクターを持っているのは13人のうち5人。意外と少ないのですね…。

 

だから、あなたの腸内にスシ・ファクターが住んでいるかどうかは、残念ながら50%くらいの確率だと思われます。

 

これを読むと、

 

「ええ〜、じゃあ私は海藻を消化できないかも。もしそうなら、食べた海藻はどうなるの??」

疑問に思っている研究者

という疑問が当然湧いてくるのですが…、これはカンタンな答え。

もしあなたがスシ・ファクターを持っていないならば、海藻は変わり果てた姿でそのままトイレから出てくるというわけです。消化できないなら、そのまま出てくるだけですよね。

便はくさくない

でも、だからといって海藻を食べるのが意味がないわけではありません。

 

「消化されず、そのまま海藻が腸の中を動く」

コンブ

ということなので、腸の中でいろいろな不要物をまとめて持っていってくれるんですよね。つまり、便通がよくなるのです。

 

自分が海藻を消化するスシ・ファクターを持っているかどうか…は、研究室にお願いしない限り分かりませんが、どちらにせよ海藻はしっかり食べてくださいね

 

スシ・ファクターを持っている場合、海藻を食べないとスシファクターはエサがなくてドンドン減っていきます。腸内フローラは、いろんな細菌が住んでいるほど人間に有利なので、スシ・ファクターを生き残らせましょう。

 

スシ・ファクターがなくても、腸の動きを活発にしてくれる海藻は本当に大切な食物繊維。食べましょう!

海藻は大切。

腸内細菌って、遺伝子と同じように、自分たちの先祖が長い時間をかけて選んでゲットしたものなんですよね。

スシ・ファクターも1000年以上前から日本人が取り入れ、私たちはそれを受け継いでいるわけです。

 

記録によると日本人は8世紀にはすでにノリを食べていたが、研究者らは、かつて日本人はノリを焼かずに食べていたため、海草に住んでいたバクテリアからこの遺伝子を取り込んだものと考えている。

日本人がノリを消化できる理由を発見、仏研究

8世紀、平安時代から生でノリを食べていた日本人だからこそ、獲得できたスシ・ファクター。
平安時代の女性
海藻は焼くのが当たり前の現代以降で、1000年単位で生でノリを食べる民族はおそらく出てこないため、こんな細菌をもつのは後にも先にも、日本人だけかもしれません。

 

海藻を食べなくなれば、スシ・ファクターは受け継がれず、日本人からも失われていきます。私もスシ・ファクターを持っているかどうか分かりませんが、とにかく食べておきたいな…と思ってます。

ポイント!

・日本人の腸内フローラの1番の特徴は、「海藻を消化できること」

・日本人の中でも、海藻を消化できるのは50%程度

・海藻を消化するスシ・ファクターは、平安時代から受け継がれた。

・スシファクターを持っていてもいなくても、海藻は食べるべき

 

日本人の腸内フローラは乱れてきている

ご先祖様が大切に受け継いでくれた、日本人だけの腸内細菌・腸内フローラですが…、現代の日本では、それをあまりキープできていないようです。

 

理由はカンタンで、食生活がガラリと変わってしまったから。

欧米型の食生活

3000年以上の間、日本人は和食を中心に生活してきました。なので当然、「和食に有利な腸内フローラ」が出来上がっているんですよね。

 

しかし、急激にお肉中心の食生活になるなど、食物繊維を全然とらなくなったり…と、今は日本人の腸が少し困っている状態。
死んだ乳酸菌でも効果アリ

詳しくはこの記事!

 

「今の食生活、和食が離れているかも…」

 

と思った方は、上の記事も参考に、和食の生活を取り戻してみてくださいね。

 

結局は、

 

「日本人の腸内フローラの特徴」

 

とは、日本人が昔から食べているものに特化したもの

 

今の食生活が根付き始めたのは弥生時代が始まった3000年前なので、3000年かけて獲得した腸内フローラです。

 

そんな腸内フローラにあった食生活を送って、健康な毎日を実現したいところですね。

ポイント!

・食生活がガラリと変わり、日本人の腸内フローラは乱れている

・日本人の腸内フローラとは結局、3000年前から受け継がれている「和食に特化した腸内フローラ」のこと。

 

そしてあわよくば…、スシ・ファクターは日本が誇る世界遺産として、一緒に後世に伝えていきましょう!

3000年の歴史が私たちの腸にあります。食生活を見直し、守っていきたいですね。

 

 

Comments