乳酸菌・ビフィズス菌の詳しい解説!あなたの美容と健康のために、乳酸菌をもっと知りましょう。

ベリーとヨーグルト Uncategorized

乳酸菌

乳酸菌やビフィズス菌、テレビやCMでも本当によく聞く名前ですよね。

何やら体にイイ作用があって、私たちの美容や健康をサポートしてくれるイメージをお持ちのはず。

 

しかし、乳酸菌の詳しい効果やビフィズス菌との違いなど…、初歩的なことはあまり世間で理解されていません。

そこで今回は、そんな身近な乳酸菌の秘密を、分かりやすく解説していきたいと思います。

 

「そもそも乳酸菌とは?」

「体にどんな作用があるの?」

 

…など、前から気になっていた方はぜひ参考にどうぞ!

 

なんで乳酸菌って名前なの??

乳酸菌飲料

乳酸菌とは?という疑問に答える前に…、そもそも、なんで「乳酸菌」っていう名前なのでしょうか?

 

それは、乳酸菌は腸の中で乳酸を作ってくれる菌だから。

腸の中で乳酸を作ってくれる菌を、乳酸菌と呼んでいるわけですね。

 

乳酸が増えていくと、腸の中がドンドン酸性になっていきます。

コレがまた難しい話なのですが、腸の中が酸性に傾いていくと、人間にとって悪い細菌が住みにくい環境になっていくんですよね。

逆に、乳酸菌などのいい細菌にとっては酸性こそが最高の環境。

 

だから、乳酸菌をたくさんとっておくと悪い細菌が少なくなり、いい細菌が増えていくようになっています。

悪い最近が少なくなり、いい細菌が増えていくことは、人間にとっては病気の予防や美容など、さまざまな好影響があるということ。

具体的な健康や美容の効果は、後で説明しますね。

 

ポイント!

1.乳酸菌は、腸の中で乳酸を作り、腸内を酸性にしてくれる。

2.腸内が酸性になると、良い菌が住みやすく、悪い菌が住みにくくなり、健康や美容にいい。

 

乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌の名前の由来を説明しましたが、このページに来ていただいた人の中には、

 

「乳酸菌は分かったけど、よく聞くビフィズス菌って何なの?」

 

と疑問に思っていた方もいるかもしれません。

 

乳酸菌とビフィズス菌の違いですが、それはカンタン。

腸に住んでいる乳酸菌にはたくさん種類があるのですが、その一つがビフィズス菌なわけですね。

 

乳酸菌には、ビフィズス菌の他にも乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)や腸球菌などがあります。

 

ポイント!

ビフィズス菌は、乳酸菌の一種!

乳酸菌の種類…ビフィズス菌、乳酸桿菌、腸球菌など。

※注意…厳密に、生物学的に分類すると、「ビフィズス菌は、乳酸菌の一種」というのは少し乱暴な分け方。しかし、学問的に考えても私たちの日常生活にあまり意味がないため、「まぁ、ビフィズス菌は乳酸菌の一種みたいなもんだな」考えていただいて問題ありません。

 

もちろんビフィズス菌も乳酸菌の一種なので、どんどん腸の中を酸性にしてくれますよ。

腸内環境

じゃあ、なんで乳酸菌の中でもビフィズス菌ばっかり注目されるのかと言うと、理由は2つ。

 

  1. 他の乳酸菌より、圧倒的にビフィズス菌が量が多いから。
  2. 他の乳酸菌より、圧倒的にビフィズス菌が質がいいから。

 

他の乳酸菌(乳酸桿菌、腸球菌)も腸の中でがんばって働いてくれているのですが…、ビフィズス菌に比べると量が少なく、影響力も少なめ。

さらに、ビフィズス菌は他の乳酸菌より体にイイ成分を作ってくれるし、悪い菌の殺菌力も強い。

なのでやっぱり人間にとってはビフィズス菌の働きが大切なんですよね。

 

ビフィズス菌を圧倒的にたくさん持っているのは人間だけなので、人間のことをビフィズス菌動物と呼ぶ学者さんもおられます。

 

ポイント!

人間の腸の中では、他の乳酸菌に比べてビフィズス菌が圧倒的に多い。

他の乳酸菌に比べて、ビフィズス菌はもっと体にいい影響を与えてくれる。

 

乳酸菌の効果。チヤホヤされる理由

乳酸菌ヨーグルト

「乳酸を作って、腸の中を酸性にしてくれる!」

という乳酸菌やビフィズス菌の基本はご理解いただけたかと思うのですが…、乳酸菌がチヤホヤされる理由はこれだけではありません。

私たちの生活にとってとても大切な働きをしてくれるから、菌の中でもトップクラスに注目されているわけです。

 

以下に、私たちにとっての具体的な効能をカンタンに挙げていきますね。

お腹の調子がよくなる

これはとても分かりやすく、みんなに広く知られている効果。

乳酸菌は腸をほどよく刺激することで腸の運動をサポートし、お通じをよくしてくれます。

便秘や下痢を改善してくれることは、悩んでいる人にとって本当に嬉しい効果ですよね。

 

便秘であれ下痢であれ、お腹の調子がオカシイことに気づいたら乳酸菌を意識的に取ってみましょう。

 

お肌をキレイに保つ美肌効果

乳酸菌でお肌をキレイに

イメージ通り、ビフィズス菌などの乳酸菌は腸の中に住んでいます。

腸とお肌、一見まったく関係がないような気がするのですが…、実はお肌にとって乳酸菌はとっても大切。

 

もし、腸の中に悪い菌がたくさんいたら、健康に悪影響のある物質がドンドン発生していきます。

その悪い物質はどうなっていくかと言うと…、腸の中から血液に溶け出し、全身に運ばれてしまい、肌荒れの原因となってしまうんですね。

 

だからこそ、乳酸菌に腸内を酸性にしてもらい、悪い細菌が住みにくい腸内環境にしてもらうことが大切。

そうすると血液に有害物質が混ざらなくなり、肌荒れも改善していく…というワケです。

 

ポイント!

肌荒れの原因の一つは、腸内の有害物質がお肌まで運ばれるから。

乳酸菌を増やし腸内を酸性にすれば、腸内の有害物質が減り、肌荒れの改善が期待できる。

 

免疫力が高まる

乳酸菌で免疫力が高まる

ニュースや新聞で、「R-1ヨーグルトを食べるとインフルエンザの予防になる!」などの記載を見たことがある人も多いはず。乳酸菌の一種で、もっと細かく分類したものがR-1ですね。

 

「なんで乳酸菌で免疫力が高まるの?」

 

という疑問には、そもそもの免疫システムから説明しなければならないので省きますが、一言で言えば乳酸菌が免疫スイッチをオンにしてくれるから

ご存知のように、食べ物や飲み物の栄養は腸で吸収されますよね。

外部からたくさんの栄養を吸収するのも腸ですし、悪いウイルスを侵入させてしまうのも腸です。

だからこそ腸には、

 

「ヘンなものは絶対に吸収しないぞ!」

 

というシステムが備わっています。

難しい言葉でいうと自然免疫というシステムが関係しているのですが、乳酸菌はこの自然免疫を活性化してくれるのです。

(特にR-1の場合は獲得免疫という免疫も活性化するのですが…、難しい話は意味がないのでやめておきましょう。)

 

先ほど述べたように、何かを体に吸収するのは腸ですから、人間の体の免疫は腸がカギを握っています

そんな腸の免疫を活性化してくれる乳酸菌は、病気の予防にとても大切。

 

免疫力を高める食べ物や細菌は他にもあるのですが、腸に働きかけてくれる乳酸菌が1番注目されています。

 

ポイント!

いろいろなものを体に吸収する腸は、私たちの免疫のカギを握っている

乳酸菌は、そんな腸の免疫を活性化してくれる。

 

夢のような効果が期待されている

上記で様々な効果をお伝えしてきましたが…、菌の中でも乳酸菌がここまでスター選手である理由はこれで終わりません。

 

最近は乳酸菌を中心とした腸内細菌の状態を調べて改善することで、以下のような病気の予防・改善が期待されているんですよね。

 

  • ガンの予防
  • 糖尿病の改善
  • 高血圧の改善
  • 肥満の改善
  • 自閉症・コミュニケーション能力の改善
  • 勉強や仕事などのやる気を引き出す

 

…など、「そんなことが乳酸菌で改善するの!?」とビックリするような病気の治療にも、乳酸菌への期待が高まっているのです。

上にあるような病気・疾患の治療や改善は、すでにマウスなどの動物実験では実証済み。

人間への効果も、ある程度は信頼性のある方法で実証されています。

 

ガンや糖尿病、自閉症など…、今までは諦めるか辛い治療に付き合う覚悟が必要だったことも、

 

「乳酸菌を利用することで、予防や改善ができますよ」

 

と言われれば、これだけ世界中で注目されるのも不思議ではありませんよね。

ポイント!

乳酸菌は、たくさんの種類の病気や疾患の治療のカギを握っているかもしれない。

今後の研究に注目して、いろんな悩みの解決を乳酸菌に期待しよう!

 

これだけチヤホヤされる乳酸菌、しっかりした理由があったのでした。

この『おすすめサプリ研究所』でも引き続き調査し、発表していきたいと思っています。

 

乳酸菌にいい食品

ここまで乳酸菌の効果が分かれば、

 

「じゃあ、どうやったら乳酸菌が増えるの??」

 

という疑問が湧いてきます。

 

カンタンにだけ以下に、乳酸菌やビフィズス菌にいい食事を紹介していきます。

早速実行してみてくださいね。

 

ヨーグルト

これは説明の必要がない、乳酸菌食品の王様ですよね。

ヨーグルトは乳酸菌が豊富に含まれているため、毎日一定の量をとることで、免疫や肌のツヤ・お通じなどはもちろん、様々な病気の予防に繋がってきます。

 

やっぱりヨーグルトは、気軽に乳酸菌をとれるのが魅力的。

乳酸菌といっても、R-1を始めとして、いろんな種類の菌がありますし、自分にあった菌を見つけることが大切。

 

「あ、このヨーグルト食べたら調子がよくなったな」

 

と感じるヨーグルトを毎日食べるのが1番です。

分量的には1日300gくらいのヨーグルトを食べれれば理想的。

だいたい300gのヨーグルトだと、30億個の乳酸菌が入っています。

 

30億というとものすごい数ですが、腸内には100兆以上の最近がうよめいているので…、乳酸菌も30億くらいはとらないと効果が出ないんですよね。

 

300gを一度に食べると下痢気味になってしまうこともあるので、分けて食べるなどして様子をみてくださいね。

 

その他の発酵食品

発酵食品の乳酸菌

乳酸菌が入っている食品といえば、発酵食品がたくさん思いつきます。

ヨーグルトも発酵食品ですが、ここではそれ以外の発酵食品を紹介します。

例えば私たちの食卓に身近な、乳酸菌を含む発酵食品は…

 

  • 味噌
  • チーズ
  • キムチ
  • 漬物
  • 鮒ずし
  • 甘酒
  • 醤油

 

…などなど。

 

チーズとキムチも入っていますが、基本的には和食を意識して食べていれば、美容と健康にあんまり心配がいらないということになります。

 

これらを食べて乳酸菌を摂取し、腸を刺激することが大切なんですね。

 

他にも納豆やかつお節など、直接に乳酸菌とは関係のない発酵食品もとても相性のいい食品。

これらは「乳酸菌がたくさん含まれている!」というわけではありませんが、腸の動きをよくしたり、乳酸菌のエサとなったり…と、間接的に乳酸菌の味方をしてくれる食品です。

 

日々の美容と健康のためには欠かせない食品たちです。

 

逆にお肉などのタンパク質はとりすぎると、悪い物質の格好のエサとなってしまいます。

ほどほどに控えて、和食を意識するようにしてくださいね。

 

食物繊維の多い食品

あとは…、ナッツや野菜・果物・海藻・穀物など、食物繊維の多い食品をたくさん取ることが本当に大切。

食物繊維は乳酸菌と直接の関係はありませんが、腸の運動をうながし、腸内環境をキレイにしてくれます。

 

逆に食物繊維が不足すると、腸の運動が弱くなり、便秘気味になってしまいます。

そうなると、乳酸菌にとって住みにくい腸内環境ができあがってしまうわけですね。

 

直接関係のない食物繊維ですが、乳酸菌のベストパートナーとなる栄養素です。

いくらヨーグルトを食べても、食物繊維が不足していれば全てが台無し…ということになってもおかしくありません。

 

せっかくとった乳酸菌をムダにしないためにも、ヨーグルトなどの発酵食品と並行して、食物繊維もとっていきましょう。

ポイント!

食物繊維は、乳酸菌が活躍しやすいように、腸の環境を整えてくれる。

乳酸菌をとることと並行して、食物繊維も意識してとること!

 

継続して意識することが大切

このページをお読みいただいた皆様は、

 

「乳酸菌のことを知って、毎日の生活に役立てたい!」

 

と考えているのだと思います。

 

さっそく日々の生活にビフィズス菌などの乳酸菌を取り入れてほしいのですが…、ここで大切になるのは継続すること

 

いくら乳酸菌を意識しても、1日だけで終われば意味がありません。

上に書いたような効果を実感するためには、日々コツコツと乳酸菌を腸に送り込まないといけません。

 

残念なことに、勝手に腸の中で増殖してくれる…というほど現実は甘くありません。

 

自分の体のためにも、まずは毎日ヨーグルトを食べる生活から始めてみてもいいかもしれませんね。

 

Comments