【研究結果】社交性のある行動が、腸内フローラを改善することが判明!たまには他人と交流しろよ!

森の中のチンパンジー Uncategorized

建物の中の人々

腸内フローラっていう、腸内細菌の集まりが人間の美容や健康にめちゃくちゃ深いカンケイがあることは知ってるよな。

 

まぁ、俺らの腸には100種類、合計100兆を越える腸内細菌がウヨウヨいるんだが、その種類とか数って、多ければ多いほど健康的だと言うことが知られている。

 

腸内フローラが健康かそうでないかの指標となる、非常にわかりやすい特徴がひとつ見つかっています。

それは、腸内フローラの「多様性」です。

NHKスペシャル取材班(2015)『やせる!若返る!病気が治る!』Kindle位置No.1812より

 

腸内細菌は、量も種類も多ければ多いほど、俺たちの健康と美容にいい働きをしてくれるわけだ。

 

その腸内フローラに関しての研究で、

 

「人付き合いが多いほど、腸内細菌の多様性が広がる」

パーティをする人たち

腸内フローラ

と言えそうな結果が出たんだよ。もちろん、腸内細菌の多様性があればあるほど望ましいんだけど…、まずは以下を読んで欲しい。

 

腸内フローラとチンパンジー

森の中のチンパンジー

その研究結果なんだけど、これは人間を対象にした研究じゃなくて、チンパンジーを調べた研究。でも、人間も同じように考えられる部分も大きいと思う。

 

密接な人間関係が、腸内細菌を交換している…という話。海外の研究だ。英語を読める人は読んでみて欲しい。

 

GREGARIOUS CHIMPS HARBOR RICHER GUT MICROBIOMES

 

タンザニアで、40頭のチンパンジーを8年に渡って研究した結果分かったことだが、どうやらチンパンジーは群れて過ごす時期に、腸内フローラの多様性が高まっているようなのだ。

一人で過ごすときは、特に腸内フローラに変化はない。

チンパンジー

チンパンジーちゃんたちは、食べ物が豊富な雨季は仲間とワイワイ過ごして、食べ物が少ない乾季は一人で過ごすらしい。そして、ワイワイ過ごす雨季の方が腸内細菌が20~25%ほど多くなっていたという。

 

もちろん、

 

「食べ物が豊富だから腸内細菌が増えた」

 

ということも理由の一つかもしれないが、研究によると、単に食べ物が豊富なだけでは大きな変化は見られなかったようだ。

やっぱり、みんなと過ごすことが、腸内細菌の多様性を保つヒケツだということだ。

 

ということで研究を見る限り、人間に関しても、

 

「頻繁に社会的交流をすることは、腸内フローラを良好に保ってくれる」

パーティをする人たち

という推測もできる。人付き合いはつかれる部分もあるが…、素晴らしい効果があるかもしれないんだよ。

 

腸内細菌の種類は、多ければ多いほどいい

人間って、腸内細菌がいないと生きていけない。例えば食物繊維とかは人間が全く分解できない成分だけど、腸内細菌が噛み砕いて有効な成分に変えたりしてくれる。

 

元気な善玉菌

 

もちろん、悪玉菌とか言われる、体に有害なことをする腸内細菌もいるわけだが、善玉菌とか他の種類の菌がたくさんいると、なかなか暴れることができないのだ。その意味でも、多くの腸内細菌がいた方が健康にイイというわけ。

 

チンパンジーの場合は、群れでは他のチンパンジーと食べ物を分け合ったり、毛づくろいしたり、交尾したりして積極的に細菌を交換するような行為をしている。そうやって、他の菌を取り入れているハズだ。

毛づくろいするサル

この研究では、「まだ、人間にまで当てはめて言えるかどうか分からない」というスタンスだが、人間も同じようなことをすれば、当然いろんな菌を交換することができるはずだぞ。

 

 

菌を増やすための生活をするんだ

菌、なんて聞くとイヤなイメージばかり持っている人が多いと思うが、腸内細菌を中心に、人間は菌なしでは生きていけない。細菌たちが、人間を助けてくれているのだ。病原菌とかをやっつけてくれるのも、腸内細菌だったりする。

 

だから、チンパンジーみたいに、友達や同僚とハグするとか、彼女とイチャイチャするとか、菌の交換を積極的にすることも大事だと思うぞ。

デートする男女

ホッペをすり合わせることで表皮ブドウ球菌を交換できるし、キスでもミュータンス菌を交換、トイレも共同なら腸内細菌も自然と交換することとなる。ちょっと汚く感じる人もいるかもしれないが、人間も動物なんだから仕方ないんだよ。

 

日本人はあんまりそういうのがニガテだけど、そんなコミュニケーションをして、お互いに菌を交換しあっているからこそ、親近感が湧いてくるのかもしれない。

 

食べ物に関しても、発酵食品を中心に、善玉菌の入っているものを食べる。もちろん病原菌はダメだが、それ以外ならばむしろ、いろんな菌を獲得するのに便利だ。

 

腸内フローラに多様性があると、元気になって、免疫力も増加する。逆に、ストレスなんかは腸内細菌を減らしてしまう大きな原因になってしまうぞ。

 

だから、いろんな人との繋がりを大切にして、まぁたまには社交的になることも大事だわな。俺も1日中パソコンをいじっていることもあるが、たまには人と会って笑ってストレス解消するほうが、腸内フローラにとってもいいわけだな。

 

 

Comments